大宮駅西口再開発、街区名は「大宮サクラスクエア」

query_builder 2021/10/09
ブログ
大宮サクラスクエア

 大宮駅西口再開発、街区名は「大宮サクラスクエア」2024年7月竣工予定


 JR大宮駅西口で開発が進められる、住宅・商業ー業務一体型の複合再開発街区「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」のタウン名称が「大宮サクラスクエア」に決定した。 JR大宮駅は、新幹線:6路線、在来線:10路線の合計16路線が乗り入れ、JR池袋駅まで直通で24分、JR新宿駅まで30分、JR東京駅32分など、交通利便性に優れたターミナル駅。大宮駅周辺には複数の商業施設が存在する他、近隣には、2kmに及ぶ氷川参道や、桜の名所として知られる大宮公園があり、豊かな自然環境にも恵まれている。 開発地は、大宮駅から徒歩4分に位置する立地。プロジェクトではA棟(地上13階)、B棟(地上28階地下2階)の2棟の建物の整備、及び道路新設(桜木1号線、桜木2号線)を予定。A棟・B棟の合計建築敷地面積は約8,200m2、施行区域面積は約13,000m2になる。






 A棟は1LDK・2LDKの間取りを中心としたコンパクトタイプのレジデンスが、B棟には中間免震構造を採用した多世代対応のタワーレジデンスと、低層階に賑わいを創出する商業・業務機能を兼ね備えた複合用途の建物が整備される予定。 プロジェクトでは、敷地内緑化率20%を確保し、B棟のタワーレジデンスでは、設計性能評価における「断熱等級4」及び「一次エネルギー消費量等級5」を取得する等、環境にも配慮した計画となっている。災害時には帰宅困難者の一時滞在施設として施設の一部スペースを開放する他、敷地外構部にはかまどベンチ・防災トイレを設置。有事の際の防災拠点機能を整備する。 所在地は、A棟が埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目901番(地番)、B棟が埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目902番(地番)。




プロジェクトは、大宮駅西口第3-B地区市街地再開発組合が、総合コンサルタントであるアイテック計画と共に推進し、日鉄興和不動産、三井不動産レジデンシャル、丸紅都市開発が参加組合員として参画する。



 既に工事は始まっています。ソニックシティホールなども改修工事となり、数年後に大宮西口エリアはどんな街並みになるのか楽しみです。大宮駅にもさいたま市が策定した「大宮駅グランドセントラルステーション化構想」があり大宮駅、駅周辺も大きく変わります。

NEW

  • 【テナント】大宮駅西口徒歩11分 飲食店(和食)の仲介をさせていただきました

    query_builder 2024/04/20
  • 【テナント】大宮駅徒歩2分!リラクゼーションサロンの仲介をさせていただきました。

    query_builder 2024/01/30
  • 事故物件に相続税はかかる?相続の判断基準やデメリットもご紹介!

    query_builder 2023/12/26
  • 不動産の売却を入札方式で!メリットから流れまでを解説!

    query_builder 2023/12/19
  • 競売開始決定通知とは?通知後に任意売却ができる期限も解説!

    query_builder 2023/12/12

CATEGORY

ARCHIVE