不動産の売却を入札方式で!メリットから流れまでを解説!

query_builder 2023/12/19
ブログ
1219


昔から一般的な売買方法のほかにも、オークションのように買主が物件の価格を競い合う方式の売買方法がありますが、近年では個人間の売買にも利用されるようになりつつあります。
入札方式でおこなわれる不動産の売却とはどのようなメリットがあり、どのような流れでおこなわれるのか、知って損はありません。
そこで今回は、不動産売却の入札方式について詳しくご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の新しい売却のかたち!入札方式とは?

通常の不動産の売却方法は、媒介契約を結んだ不動産会社が仲介に入り、売主と買主が条件交渉をおこなう相対方式が一般的です。
一方、入札方式は相対方式とは違い、オークションのようにもっとも高い金額を申し出た方に物件が売却される方法を指します。
この方法にはいくつかの種類があり、個人でも参加可能な一般競争入札や、売主が条件を提示してその条件を満たした方だけが参加できる公募型競争入札など、6種類が存在します。
個人間の取引では相対方式が一般的であり、入札方式を選ぶケースは差し押さえによる公売や裁判所による競売などに限定されていました。
しかしながら、近年では売主がより良い条件で売買できると評価され、この方法を選ぶ傾向が増えています。

▼この記事も読まれています
検査済証がないと不動産売却できない?重要性と売却方法をご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

入札方式で不動産を売却するメリットとは?

買主同士が価格を競り合う入札方式では、その物件をどうしても購入したい買主がいた場合、売主が希望する以上の高額な価格がつけられる可能性が高いです。
現状では、この方式によって売買する買主は企業が多いため、買主のローン審査の結果を待つ必要がない点もメリットに挙げられます。
デメリットは、買主が1人でほかに希望者がいない場合には競争が起きず、売出価格のまま売買成立となる可能性があります。
一度落札されると必ず売買契約を成立させなくてはならないため、売出価格を慎重に決めなければ、損失を出してしまう点については、注意が必要です。

▼この記事も読まれています
不動産売却における越境とは?越境しているときの注意点を知ろう

\お気軽にご相談ください!/

入札方式の流れ!買主募集から契約成立まで!

入札方式による不動産売却の流れは、査定などによって物件の売出価格を決定し、仲介代理人となる不動産会社と媒介契約を結びます。
その後、購入募集をおこない、希望者に参加の呼びかけを行って各自の希望価格を提示し合う価格競争が始まります。
入札には参加自由ではなく、身元確認がとれている企業の代表や個人などしか参加できません。
そして、入札は期限を決めて開始され、期限内に最も高い価格を提示した方と最終的な契約交渉に移ります。
落札後は、細かな契約条件の調整や落札価格の値下げ交渉などがおこなわれ、売主と買主が納得した条件で売買契約が締結される流れです。

▼この記事も読まれています
マンションの平均売却期間はどれくらい?影響や早く売るコツもご紹介

まとめ

相対方式と違って価格が高騰しやすい可能性はありますが、デメリットにも注意を払っておかないと、せっかくの資産から損失を出してしまいかねません。
自分のケースではどのような結果になりそうか、客観的にシミュレーションをしつつ、適切な方法で売買をおこないましょう。
さいたま市大宮区の不動産売却は株式会社TUKUDAコーポレーション佃不動産がサポートいたします。
土地や建物に関することで何かご相談がありましたら、初歩的な事でもご遠慮なくご相談ください。



NEW

  • 【テナント】大宮駅徒歩2分!リラクゼーションサロンの仲介をさせていただきました。

    query_builder 2024/01/30
  • 事故物件に相続税はかかる?相続の判断基準やデメリットもご紹介!

    query_builder 2023/12/26
  • 不動産の売却を入札方式で!メリットから流れまでを解説!

    query_builder 2023/12/19
  • 競売開始決定通知とは?通知後に任意売却ができる期限も解説!

    query_builder 2023/12/12
  • 築浅の一戸建てを売却する理由とは?早期売却のコツも解説!

    query_builder 2023/12/05

CATEGORY

ARCHIVE